*

ドルのエントリー

初めて仕かける時という場合には一番に下調べを怠ってはならない。

売買を行う前であるとすれば場面を客観的に見ることが出来ます。

 

だが、一回相場の内部へ足を踏み入れるとどうしても捉え方が独りよがりになりがちで、真っ当な状況がわからなくなる危険があります。

 

だから自身の考えが理性的なうちに、ちゃんとした準備を進めておくことが大事です。

 

この"準備"とは、とにかく自らの筋書きを描くことからスタートします。

 

将来の為替相場は上がる(または下がる)から、ユーロを取引するというように自分なりの筋書きを書いていきます。

 

次に時間足チャートを見ましょう。

 

以前のレートの上がり下がり見定めて今の値動きを見ます。

そうすると、「今のところ結構低い状況にあるな」とか、他には「今となっては多くの仕かけているから、これから先急に取引してももはや遅いな」などと分かってきます。

言うまでも無く買い(または売り)するのが遅すぎるなと思ったならば手を出さないで、そこはすっぱりとあきらめることか重要です。

 

どう試みてもあなたのシナリオを押し通して割り切らずに新規エントリーすると、マーケットに押し返されてマイナスになる危険があります。

 

とは言っても多くの場合では、準備万端の自分自身の筋書きを作り上げておけば売買が遅すぎるという場面にはならないだろう。

 

おそらく、現実に外国為替相場が動意づく前のはずだから。

 

次に、差し当たりあなた自身が取引しようと考えている通貨の上下の動きをじっくりと確認する事が大切です。

 

例としてドル高に向うはずだというシナリオを作ったのであれば、その通貨の推移に注目する必要があります。

為替相場の上下動を注視し始めたばかりでは該当の外貨は明確に動く兆しを見せないで、上がったり下がったり小さな上下動を繰り返しているだけでしょう。

 

だが、その上下動をじっくりと注目していると、あるポイントでゆっくりとドル高の方向へと市場が動き始めます。

 

このタイミングで、ドルのエントリーします。

そこまで周到に準偏を考えておけば、その売買で儲ける可能性は結構高くなります。