*

ピックアップ

体が変わる効果的なプロテインの選び方とは

プロテインは体作りをする際はあるととても役に立つサプリメントですが、絶対に飲まなければいけないというものではありません。

でもカロリーやたんぱく質量なども違いはありますが、本来飲まなくてもムキムキにはなれるのです。

 

 

プロテインは身体を絞る時に食事を抑えたりして足りない栄養分を補ったり、筋肉をつける時に必要な栄養分を効率よくとったり痛んだ筋肉の回復を早めてくれる効果もある補助食品です。

プロテインのおかげでムキムキになっているわけでは無いということを頭に入れて置いて下さい。

ですからプロテインを飲んでもムキムキになれないとか痩せないとか言っている人は、運動内容に問題があったり、ダイエット方法に問題があるといって間違いないでしょう。

話は戻ってプロテインの選び方は、運動をして筋肉をつけたいのであれば身体に素早く栄養を吸収するホエイプロテインがいいでしょう。

ダイエットや細マッチョを目指すのであればゆっくり身体に吸収してくれ長い間空腹を抑えてくれるガゼインプロテインや代謝を高めてくれるソイプロテインをおすすめします。

 

そして次にどのプロテインを選ぶかです。メーカーによって成分量などが大きく変わってくるので必ず成分量をチェックしてから購入するようにして下さい。

選び方はプロテイン成分の全体量が70%以上たんぱく質である商品を選ぶようにして下さい。

メーカーによっては殆どたんぱく質が含まれないプロテインもあります。

たんぱく質量が30%で残りは糖類などが多めに入っていたらせっかく食事制限などをしていてもそのプロテインを飲むことでカロリーが高くなってしまうから損をしてしまうので注意して下さい。

後はそこまで神経質に見て買う必要なないと思います。最も大事なのは運動量や食事内容ですから。

 

ダイエットだからと言って運動を全くしないで食事制限だけをするのは止めましょう。太りやすい体になりちょっと食べるとすぐにリバウンドしてしまいます。適度な運動は大切です。

また、男性と女性ではなりたい体型の目標は違いますから、プロテインを選ぶ際はこのあたりも目的にあったものをチョイスしたいところですね。

男性のプロテインの選び方としては、できるだけタンパク質の多いホエイがおすすめですが、メーカーによって狙った効果は違ってくるので、購入前には細かくチェックしておくと良いでしょう。

 


かに通販のメインはかに!当たり前だけどかにで満足

一時期、親が鍋のお取り寄せにはまっていました。全国各地のご当地鍋が宅配で届くんですよ。名前は聞いたことがあるけど、食べたことがないようなものが旅行に行かずに食べられて有り難かったですね。ただ、ああいう鍋の具材がセットになったようなものは、基本的に量が少ないんですよね。

 

かに通販で大量のかに

 

断っておきますが、我が家は大食漢というわけではありませんよ。むしろ、あまり食べない方だと思います。でもセットに入っている具材は4人分なのに椎茸が2個とかなんですよ。2人は椎茸食べられないじゃないですか。自宅で自由に作る鍋なら最低でも4個は入れるというのに。鶏の鍋なら鶏がメインで他は少なくていいのかもしれませんが、白菜だってたくさん食べたいぞ。その点、かに通販はスープとかにが大量だったので満足できましたね。そう、野菜は別でメインだけ通販してるほうが賢いかもしれません。


保証人の考え方

自己破産で自分の借り入れに対しその保証人を立てている場合には、きちんと連絡しておいた方が良いです。

再度、強調させていただきますが、保証人となる人物を立てているときは、破産申告の前段階でよくよく考えた方がいいでしょう。

 

なぜかというとみなさんが破産してOKが出ると、その人があなたが借りた義務をまとめて支払う義務があるからです。

 

ですので、破産宣告の前段階に保証する人に詳細や現状について説明し謝罪をしておかなくてはいけないでしょう。

 

保証してくれる人の立場から見ると求められることです。

 

自己破産をすることから、とたんに大きな債務が生じるのです。

 

そして、それ以降の保証人である人の取るべき手段は次の4つです。

 

一つめはあなたの保証人が「すべてを支払う」という手段です。

 

その保証人がすぐにでも何百万もの負債を簡単に完済できるほどの資産を所有していればこの方法ができます。

 

そういう場合はむしろ、そのまま自己破産せずに保証人となる人にお金を貸してもらって自身はその保証人に返済していくという形も取れるのではないでしょうか。

 

その保証人があなたと信頼関係にある場合などは、いくらか返済期間を考慮してもらうこともできるかもしれません。

 

一括で返済が不可能な場合でも、ローン業者も相談で分割支払いに応じてくれます。

 

あなたの保証人に破産による整理をされると、なにも返金されないことになりかねないからです。

 

保証してくれる人があなたの負債を代わりに負う財力がない場合はお金を借りたあなたと同様に何らかの方法での債務整理を選択が必要になります。

 

2つめが「任意整理」による処理です。

 

この方法は貸金業者と相談することによってだいたい5年ほどの期日で返済していく方法になります。

 

実際に弁護士に依頼するときの経費の相場は1社につき4万円ほど。

 

もし7社から負債があった場合約28万円かかることになります。

 

確かに債権者側との交渉を自分でやってしまうことも不可能ではないかもしれませんが債務処理に関する経験や知識がない素人の場合向こう側が自分に有利な和解案を押してくるので、慎重である必要があります。

 

それに、任意整理をするとしても負債を立て替えてもらうことを意味するわけですから、借りた本人は時間がかかるとしても保証人になってくれた人に返済を続けていく義務があります。

 

次の3つめはあなたの保証人もあなたと同じく「破産申告する」という選択肢です。

 

保証人となる人も返済できなくなった人と同様に自己破産を申し立てれば保証人となっている人の責任も消滅します。

 

ただし、保証人がもしマンション等を持っている場合は価値のある個人財産を失ってしまいますし資格制限がある職務にある場合などは影響は避けられません。

 

そういった場合、個人再生による手続きを活用できます。

最後の4つめの方法としては、「個人再生をする」方法があります。

 

不動産を残したまま整理をする場合や、破産宣告では影響が出るお仕事に従事している場合にメリットのあるのが個人再生による処理です。

 

個人再生なら、住居する不動産は残せますし、破産申し立てのような職業にかかる制限、資格に影響する制限が一切ありません。