*

準備が整う前に

ついに開始する時という局面では始めに事前対策をしなくてはいけません。

 

トレードを行う前ならば、場面を冷静に観察する事ができるゆとりがあります。

 

ところが、ただ一度マーケットの内部に飛び込んでしまうと受け取り方が自己中心的になってしまい、正しい判断を下せなくなるリスクを負います。

 

それだけに自分自身の精神が合理的な状況で、しっかりと準備を進めておくことが大切なのだ。

 

この"j事前準備"のためには、最初は自らの台本を作る事から開始します。

 

将来の市場は下がる(または上がる)からNZドルを売買するみたいに、自分だけのシナリオを立てていくのだ。

 

次に時間足チャートを確認しましょう。

 

今までのマーケットの値動きを調べて、現時点でのチャートを確認します。

 

すると、「今はかなり偏った水準にある」もしくは「もうすでに大勢の人が売買しているから、今から大急ぎでしかけても今となっては間に合わないな」ということが見えてきます。

 

無論すでに売買するのがなすすべがないと感じたならばエントリーしないで、そこのところはすっぱりと吹っ切ることが必要です。

 

どう工夫しても自身のシナリオを引き下げないで、取引すると相場に跳ね返されてしまい、損をすることになる可能性があります。

 

とは言うものの大体の状況で準備が整った自らの台本を作り上げていると、売買が遅いなという状況にはならないと思います。

 

大方、本格的に相場が動き出す前の状態のはずだからです。

 

更に、まずは自らが売買しようと考えている通貨ペアの推移をじっくりと点検する事が必要です。

 

もしも、円安が進むはずだという物語を書いたのであればその外貨の上げ下げに注意を払っておきます。

 

市場の動きを確認し始めた状況では、まだまだ目立って変化する様子を見せることはなく上がったり下がったりちょっとした変化を繰り返しているだけだろう。

 

だけど、その推移をじっと見ていると、ある位置でドル高の方向へとマーケットが変化し始めます。

 

ここでようやくドルの取引します。

 

これだけ計画をしておけばそのトレードで勝てる可能性は割合高くなります。