*

思いつきトレード

ノートPCの画面の前に座り上下動している為替相場を見てしまうと、理由無くエントリーをしなければならないという抑えようのない気持ちが生じる場面も少なくないだろう。

だがしかし、あやふやな思いつきでトレードするのは、絶対にしてはいけません。

 

ご存知の通り、市場は24時間、いずれかの国の外国為替相場はやっているし為替レートも休みなく動いています。

 

しかし、頻繁に売り買いを積み重ねるとそれだけで損をするリスクが高くなってしまいます。

 

当然、取引の数を積み重ねる事で次第に稼げる可能性が五分五分になるのは事実です。

 

けれどもこの事実は「なんとなくアイデアでトレード」してしまうこととは別の話だ。

 

トレード回数を積むとは、自ずから「ここはいける」と直感したチャンスを持ったうえでの取引回数を重ねるという意味である。

 

特段の理由も無く、売り買いをするのとははっきりと違います。

 

市場の勝負にi挑むには、自分が意識的にメリハリをつけることこそが大事だ。

 

「ここだ!」と感じた外国為替相場の時には保持ポジションを積み増して利益を追求する。

 

「ちょっと難しいマーケットでどう上げ下げするのか予想できないな」と思案した時は、潔く売買ポジションをひとつも残さないで閉じて静観します。

 

そのくらいのけじめをつけた方が最後にトレードは勝利します。

 

相場の格言には「休むも相場」というものがある。

 

本当にその通りだと思います。

 

相場とは、いつでもポジションを所持する事が全部ではなく、売買ポジションを保持せず静観していることも事態によっては、外国為替相場です。

 

そうであるならば、どのタイミングで休むといいのでしょうか。

 

第1に言われるのが先述の通り、直近の外国為替相場が具体的に難しいときです。

 

これからどちらにいくのか判断できない時は分からないまま行動すると、書いた筋書きとは違った方向にマーケットが動いてしまい、損をする事になります。

 

だから、こういった場面ではポジションを0にして何もしないで見ているだけがいいでしょう。

 

次に、自分の体調がすぐれない時です。

 

コンディションとマーケットにつながりがない思う人もいると思いますが実はかなり関係がある。

 

体の状態が変な時はマーケットの大事な局面で冷静な決定をする事ができません。

 

興味がわかない時は取引から目をそらす事も大事なことだ。