*

眠いときは寝る

受験勉強も佳境に入ると睡眠時間を削ってまでも、勉強時間にあてたいと考える人も増えてきます。
気持ちの上でもたくさん勉強したほうが安心出来るところもありますが、睡眠不足の状態が続くと脳の働きが悪くなるので、受験勉強中でも睡眠はしっかりと取ることが大切です。
自分にとってベストな睡眠時間というのは、人それぞれ違います。
今まで多めに睡眠時間をとっていた人は、多少削っても大丈夫と考えてしまいますが、体内時計が決まっている場合は、夜起きていることができてもその反動が昼間に襲って来ることもあります。
学校の授業中は無理ですが、家に帰って勉強するとき、どうしても眠くて我慢できないときは、寝る!これが得策です。
ただし何時間も寝るのではなく、多くても30分かるい睡眠をとってみましょう。
昼寝をする場合も30分以上寝てしまうと、体がだるくなるので仮眠は30分以下がおすすめです。
短時間でも仮眠することで、頭もすっきりしますので勉強もはかどります。


中学受験家庭教師については中学受験家庭教師INFO15※家庭教師だけでも合格できるの?で調べましょう。